ティースホワイトニング

ティースホワイトニングはベーシックなホワイトニングです。ホワイトニングは歯の表面に色素沈着を落とし、歯自体を白くしていくものです。歯の表面を傷つけないようにして歯の中にある色素を分解し、歯の明るさをワントーン・ツートーンほど上げながら歯を白くしていきます。ホワイトニングの施術方法は歯の表面汚れを落とした後で、ホワイトニング剤を歯の表面に塗布します。その後、ライトを当てることで、ホワイトニング剤を活性化させて、歯の中にある色素を分解しやすくします。

ホワイトニングの効果は個人差があるといわれています。もともとの歯の色が濃い人はそうでない人に比べるとホワイトニングの効果は低くなりやすいといわれています。また、着色性の食品を好む人はホワイトニング後、色素沈着が早く起こりやすいといわれています。ホワイトニングにはメンテナンスが必要になり、1度白くなればそれで完了するというものでもありません。ホワイトニングは定期的なお手入れが必要になります。もし、何もお手入れをしないでいると、2年くらいで元の歯の色に近くなるといわれています。ティースホワイトニングはベーシックなホワイトニングです。ホワイトニングの技術が登場したことにより、歯を削らず歯を白くすることができるようになりました。