ホワイトニング治療の種類

ホワイトニングは歯の表面に色素沈着を落として、歯自体を白くしていくものです。このようなホワイトニングには様々な種類があります。例えば、ティースホワイトニングはベーシックなホワイトニングで、歯の表面を傷つけないようにしながら歯の中にある色素を分解して、歯の明るさを段階的に上げながら歯を白くしていきます。

ホワイトニングの施術方法としては、まず、歯の表面汚れを落とした後で、ホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、その後ライトを当ててホワイトニング剤を活性化させます。その反応によって、歯の中にある色素分解が起こりやすくなるのです。

レーザーホワイトニングは歯の表面にレーザー光を照射することでホワイトニングしていく方法です。特殊なレーザー装置で歯の表面にレーザー光を照射していきます。そうすると、ホワイトニング剤がしっかりと活性化されて、薬剤が効果的に作用しやすくなるので、短時間で歯を白くすることができます。歯に1本ずつ光を照射するため、施術時間は1回あたり1時間から1時間半ほどかかります。

FAPはフッ化アパタイトの略で、FAPホワイトニングは歯の白さを長期間にわたって保ち続けることができます。また、歯を傷めることなく施術ができるといった画期的な施術方法です。そして、FAPホワイトニングは歯質強化が期待できるので、虫歯予防にもなるホワイトニングなのです。このようにホワイトニングの種類にはティースホワイトニングやレーザーホワイトニング、FAPホワイトニングなどがあります。