FAPホワイトニング

FAPはフッ化アパタイトの略です。FAPホワイトニングは歯の白さを長期間にわたって保ち続けることができて、歯を傷めることなく施術ができるといった画期的な施術方法だと考えられています。そして、FAPホワイトニングは歯質を強化でき、虫歯予防にもなるホワイトニングなのです。

一般的なホワイトニングでは、歯の表面のエナメル層に、ペリクル層とプラーク層の有機質が付着していて、これらの有機質を分解除去してエナメル質を凸凹状にしていきます。歯の表面できた凸凹に光を乱反射させることで歯を白く見せていきます。一般的なホワイトニングは、その上に漂白薬を塗布し光照射して完了となります。そのため、凸凹部に茶渋などが付着しやすくなり、色が早く元の色に近くなっていくといわれています。

一方、FAPホワイトニングは一般的なホワイトニングと同じように歯の表面を凸凹状にしますが、凸凹部分をそのまま放置しておかず、フッ化アパタイトという強化カルシウムの層を5層くらい重ね、吸着させます。そのため、顕微鏡で見ても歯の表面は滑らかになっており、より長い期間、歯の白さを継続することができて、後戻りしないという効果がある方法が画期的なFAPホワイトニングです。

レーザーホワイトニング

レーザーホワイトニングは、レーザー照射によって歯を白くするホワイトニング方法です。特殊なレーザー装置で歯の表面にレーザー光を照射します。そうすることで、ホワイトニング剤が強力に活性化されて、薬剤が効果的に作用し、短時間で歯を白くすることができます。

通常、1、2回の施術でカラーガイドが3、4段階くらい白くなるといわれています。1つ1つの歯に光を照射していく行程が必要なので、1度の施術で60分から90分ほどの時間がかかるのが一般的です。レーザーホワイトニングに使用する照射装置は、これまで使用されてきた光を照射するものと比較すると特殊です。そのためレーザーホワイトニングの費用は、1本あたり2万円前後といわれていますが、料金についてはレーザーホワイトニングをしてもらう歯医者で具体的な金額を確認しておくようにしましょう。

レーザーホワイトニングの費用は、使用されるレーザー装置などの種類によって異なるといわれており、前歯全体を照射できるズームホワイトニングをした場合、1回あたりの料金が3~5万円くらいだといわれています。しかし、20本分のホワイトニングの料金が5、6万円でできる場合もありますが、他のホワイトニングの方法と比べると、レーザーホワイトニングは割高な傾向があるといわれています。

ティースホワイトニング

ティースホワイトニングはベーシックなホワイトニングです。ホワイトニングは歯の表面に色素沈着を落とし、歯自体を白くしていくものです。歯の表面を傷つけないようにして歯の中にある色素を分解し、歯の明るさをワントーン・ツートーンほど上げながら歯を白くしていきます。ホワイトニングの施術方法は歯の表面汚れを落とした後で、ホワイトニング剤を歯の表面に塗布します。その後、ライトを当てることで、ホワイトニング剤を活性化させて、歯の中にある色素を分解しやすくします。

ホワイトニングの効果は個人差があるといわれています。もともとの歯の色が濃い人はそうでない人に比べるとホワイトニングの効果は低くなりやすいといわれています。また、着色性の食品を好む人はホワイトニング後、色素沈着が早く起こりやすいといわれています。ホワイトニングにはメンテナンスが必要になり、1度白くなればそれで完了するというものでもありません。ホワイトニングは定期的なお手入れが必要になります。もし、何もお手入れをしないでいると、2年くらいで元の歯の色に近くなるといわれています。ティースホワイトニングはベーシックなホワイトニングです。ホワイトニングの技術が登場したことにより、歯を削らず歯を白くすることができるようになりました。

ホワイトニング治療の種類

ホワイトニングは歯の表面に色素沈着を落として、歯自体を白くしていくものです。このようなホワイトニングには様々な種類があります。例えば、ティースホワイトニングはベーシックなホワイトニングで、歯の表面を傷つけないようにしながら歯の中にある色素を分解して、歯の明るさを段階的に上げながら歯を白くしていきます。

ホワイトニングの施術方法としては、まず、歯の表面汚れを落とした後で、ホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、その後ライトを当ててホワイトニング剤を活性化させます。その反応によって、歯の中にある色素分解が起こりやすくなるのです。

レーザーホワイトニングは歯の表面にレーザー光を照射することでホワイトニングしていく方法です。特殊なレーザー装置で歯の表面にレーザー光を照射していきます。そうすると、ホワイトニング剤がしっかりと活性化されて、薬剤が効果的に作用しやすくなるので、短時間で歯を白くすることができます。歯に1本ずつ光を照射するため、施術時間は1回あたり1時間から1時間半ほどかかります。

FAPはフッ化アパタイトの略で、FAPホワイトニングは歯の白さを長期間にわたって保ち続けることができます。また、歯を傷めることなく施術ができるといった画期的な施術方法です。そして、FAPホワイトニングは歯質強化が期待できるので、虫歯予防にもなるホワイトニングなのです。このようにホワイトニングの種類にはティースホワイトニングやレーザーホワイトニング、FAPホワイトニングなどがあります。